「なでしこジャパン」に見る日本のエネルギー問題

日本のエネルギー問題の日本化

決勝進出、おめでとうございます。
 澤選手を中心に、チームが一体となり、こまかいパスを繋いでいく、日本人にあったサッカーが、ついに日本に生まれたような気がします。しかも、そのサッカーは、相手が「どうせ細かく繋いでくるんだ」と思っていると、その裏をかきロングもうってくるという、実に相手に取ってはいやなサッカーです。
 決勝進出よりも、そちらの方が、私には明るい希望です。
 日本のサッカーは男子中心で(いまもですが……)、フラットスリーの某監督のような植民地主義的なサッカーも体験し(私が作り上げた戦術通りに動かないと、外すぞ方式)、才能豊かな選手を集めて彼らのプライドを大切にしながら、彼らに丸投げした監督もいた。その結果、プライドとプライドが激突し、チームが崩壊してしまった……というような苦い経験も積んできました。
 それが変わってきたのは、オシム監督が代表監督になったあたりからだと思います。
 そして、そのキーワードは「日本代表の日本化」という彼一流のいいかたで表現されたあの考え方だと思っています。
 ほんと、へんな言い方ばかりする、おこりっぽい監督でしたよね。
 でも、じっくり考えるとすごい言葉だと思います。と、ここで口調を変えます。

 それまでは、世界に遅れた日本が進む道はただ一つ、世界の最先端の技術や戦略、戦術をひたすらに我がものにすることだけ。これが至上命令であった。とにかくガムシャラに自分のものにする。日本は辺境の国なんだ。日本は遅れた国なんだ。この日本人の劣等感が、躍進の原動力であった(「日本辺境論」参照)。
 それに対して、オシム監督は、そうではないと、明確にノーといったのだ。
 彼は、自分たちで考え、自分たちで「美しいプレイ」を生み出すことを求めたのだ。その為にはじめた三色、四色のビブスをつけた練習など、じつに様々な固定観念を破る練習を選手に課した。そして、口癖のように、「考えながら、もっと走れ! 考えながら、もっと走れ! 」とくりかえしたのだ。
 選手が馬鹿なミスをすると烈火の如く激怒し、点につながらなくてもクリエイティブなプレイをするとビューティフルとほめ、点につながったビューティフルなプレイに対しては、いいプレイだったけど、こんなアイデアもあるのではないか、と慢心するのにクギを刺すのを忘れない、という実にさまざまな顔を見せてくれた。
 ところが、ご存知のように、オシム監督は倒れてしまい、志し半ばで、日本化した日本代表を見ることが出来なかった。
 
 しかし、男子に眼を奪われている間に、日本サッカー界の辺境で、多分オシム監督が夢見ただろうサッカーが着実に育っていたのだ。
 岡田ジャパンが呪縛にかかったように勝てなくなった時期に、「女子サッカーのパスサッカーをみならうべきだ」という内容のコラムを目にしたことがある。

 与謝野薫は原発推進派で、菅直人は原発撤退派。そのメンタル面を考えると、ともに辺境人としか、私には思えない。片や、世界がこうこうこうだから、原発は必要だ、と主張し、片や、世界の流れが脱原発だからと「脱・原発依存」の記者会見をするというありさま。
 とくに、菅直人は、自分の立場が判っていない。一民間人なら、居酒屋談義でそれもいいだろう。それが、一国の総理が、なんの青写真もなく、とつぜん、「脱・原発依存」の記者会見はないだろう。混乱を引き起こすだけで、なんのメリットもない。震災から何か月たっているんだ。これから、その具体的内容を検討してもらう、とか。
 いま、必要なのは、明確なビジョンである。
 日本のエネルギーの約30パーセントは原発に頼っている。それを五年がかりで、転換する。その代替エネルギーは風力が○パーセント、海底に眠っているメタンハイドレードの燃料電池化で○パーセント、微生物による発電が○パーセント、ソーラーパネルが○パーセント、県営や市営発電所の設置で○パーセント、省エネ技術の進展で○パーセントの節電と、具体的に提示するのが一国のトップの役目だろう。
 それにしても、福島でソニーがやるはずだったバイオマス発電が、震災で暗礁に乗り上げてしまったことが悔まれてならない。
 日本の理科系大学の研究室では、准教授あたりが実に面白い、将来性のある研究をしている。
 彼らは、口を揃えて金がないという。彼らに、紐付きでない予算をもっと与えて、自由に研究させるべきだ。原子力につぎ込む金額とくらべれば、安いはずである。また、技術革新につながり、将来は、海外にその技術は輸出することが出来る。

 細かいパスをつないでサッカーを組み立てるように、これからは細かいエネルギーを繋いで、大きなエネルギーにするというソフト・マシーンの時代だろう。
 スーパースターのいない「なでしこジャパン」が世界の頂点に挑む時代だ。原発というスーパースターにすべてをおんぶにだっこする時代はもう終わらせよう。メガ・マシーンに頼るのは、事故が起きたときには、影響が大きすぎる。問題が多すぎる。
 参考にするのならまだしも、他国のまねではなく、今必要なのは、「日本のエネルギー問題の日本化」であろう。



人気ブログランキングへ
[PR]

by spanky2011th | 2011-07-14 13:19 | 世相 妄想随談