フカヒレスープの冒険(11)

         11
 ウインチをのみこんだ大ザメは、まずそうにゲップをすると、からだをゆすり、海にもどっていきました。
 でも、ようすが、どこか変です。
 あれほど、しつこくこうげきしていたのに、こうげきをしかけてくるようすがありません。それどころか、コンチキ2号の方に向きをかえようとするのですが、向くことができないでいるようなのです。
 それも、そのはずです。
 ウインチを飲み込んでしまったため、最初にきたあのサメと、鉄のチェーンでつながってしまっているからです。
「もう、だいじょうぶですよ。ロープ、ほどいてください。ちょっと、失礼」
 矢古さんはそういうと、マストのところへいきました。
 田西さんは、モップを両手にかかえ、まだ、海の大ザメをにらみつけています。
「船長、もう、だいじょうぶです。たすかりましたよ」
 矢古さんがそう声をかけたとたんです。田西さんは、モップをカタンと落とし、からだから力がぬけてしまいました。まるで海から出たクラゲです。
 でも、気力だけはのこっているみたいで、
「ひろしはだいじょうぶですか? 」
と、真っ先にたずねました。
 矢古さんは、
「ひろしくん、ひろしくん」
 ぐっすりねこんでしまっているみたいなひろしをゆすりました。それから、ほほをパチパチタたたくと、
「う、うーん」
 気を失っていたひろしが、ゆっくり目をあけました。
「船長、ひろしくんはぶじです。のりくみ員もみんなぶじです」
「そうですか。それはよかった」
 田西さんはそうつぶやくと、
「う、うーん」
と、こんどは田西さんが気を失ってしまいました。あのすさまじい戦いで、田西さんは、体力も気力も使いはたしてしまっていたからです。
「パパ、パパ」
 パパが死んでしまったものと勘ちがいして、ひろしが気がくるったみたいに、田西さんのからだをゆすりだしました。
 ひろしは、気を失っていたので、なにがどうなっているのかわからなかったのです。
「ひろしくん、船長はだいじょうぶですよ。それより、ロープをほどいてあげましょう」
 矢古さんとひろしは、船長をひきずるように、デッキへつれていきました。
「矢古さん、これを飲ましてあげてください」
 船室から水を取ってきた藤壺さんが、いいました。
 飲ますと、
「ううーん」
と、田西さんは気を取り戻しましたが、疲れはてているため、起き上がれません。
「矢古さん。サメはどうなりましたか」
「船長、見てください」
 矢古さんが指差したところでは、二匹のサメが、じっと、たがいをにらみあっていました。
 いかりをのみこんだサメは、ウインチをのみこんだサメに引っぱられて、海上に浮かんできていたのです。といっても、正確には、サメが引っぱったわけではなくて、チェーンがどんどん短くなって、引っぱり上げられたわけですが……。
 たたみ4枚分のサメは、たたみ6枚分のサメを見ると、おびえて、
はじめは、海からジャンプし、からだをはげしくゆすっていました。
チェーンを力まかせに切ろうとしたのです。でも、切れないとわかると、かくごを決めたとみえて、もう、あがこうとはしませんでした。
 一方、たたみ6枚分のサメの方も、たたみ4枚分のサメを目にするまでは、コンチキ2号の方に向きをかえようともがいていました。でも、たたみ4枚分を見てからは、たいどがガラリと変わりました。
 ちょうと、田西さんたちは、サメが相手の出方をお互いにさぐりあっているところを、目にしたのです。
 はじめに動いたのは、6枚分です。
 流水型のからだをくねらせたかと思うと、スイーッと4枚分の方に進みました。
 それを見た4枚分も、からだをくねらせ、6枚分めがけて、泳ぎ出しました。
 ドスン。
 二匹のサメが、とんがった頭と頭とで、ぶつかりました。ぶつかったかと思うと、こんどは、大口をあけて、相手の大口に、ガブリ、ガブリと、かじりはじめました。
 その戦いの、すさまじいの、すさまじくないのって!
 一匹が相手のわきばらにかみついたかと思うと、相手のサメが尾びれにかみつきかえします。
 一匹が尾びれで相手のからだをたたくと、もう一匹も、倍がえしで、ビチビチとたたきかえします。
 二匹がすさまじい戦いをやっているところは、ボコボコと波がうずまき、あたりには、しぶきがまいあがりだしました。
 太陽の光がそのしぶきに当たるので、くっきりと七色のにじがかかっていました。
 6枚分のサメが白いおなかを見せて、にじの橋めがけて、大きくジャンプしました。そして、橋をとびこえると、大きな口をめいっぱい開き、もう一匹の首すじめがけて落ちていきました。
 ガブリ。
 二匹は、落ちてきた勢いで、そのまま、海の中にもぐっていきました。
 ボコボコ。ボコボコ。
 まだ、はげしいたたかいをしているのでしょう。海の中から、ボコボコ、ボコボコとあわが浮かんできます。
 ボコボコいっていたあわが、小さくなって、ポコポコになりました。そして、それが、やがて、プチプチになったかと思うと、あわが浮かんでこなくなりました。
 戦いはおわったみたいです。       (つづく)


[PR]

by spanky2011th | 2011-10-04 19:31 | 長編童話 ふかひれスープの冒険