砂時計の落ちた子供たち

 教育格差の問題が数日前の新聞に載っていた。
 ちょうど、いま、書き出している次の作品が、その問題をちょっとデフォルメして、都市伝説なども交えて、現代の病理を描けないかな、と思っていた所なので、その記事を興味深く読んだ。

 教育格差と収入格差の相関関係は、以前より指摘されていたことで、内容的には大したことはないが、数値として出されると「やはりそうか」となる。しかし、あの数値にはゴマカシがある。

 たとえば、高校しか卒業していない両親がいたとする。その両親は低所得だとする。しかし、その両親は、苦労しているので、日常的に様々な本を読んで、たえず学習していたとする。
 そんな家庭で育った子は、学習するのが当然であり、学ぶことの楽しさ、素晴らしさを知っている。当然、大学へ当人も進みたいと思い、両親も進めたいと思っていた。しかし、経済的に……と二の足を踏む。
 奨学制度があると言うが、いまの奨学制度は利息付の奨学制度であり、大学へ進むことによって、社会人になったとたん、多額の借金を背負い込むような制度なのである。「大学は出たけれど」といわれる就職超氷河期のいま、そんな借金を好き好んで背負いたいバカはいない。背負わせたいバカな親はいない。
 大学に合格するだけの学力があるのに、大学進学を諦めている子供が多すぎるのではないのか。

 とくに問題は、大学である。
 たとえば、大学に合格できる学力があっても、大学に支払う経済力のないと、大学生になれないことである。  
 また、大学生になれたとしても、四年間の学費を支払う能力がなければ、大学卒業という「領収書」をもらえないことである。
 そして、この「領収書」が、なぜか、社会では大きな目安になっている。
 理科系はともかくとして、文系の学生は、あまり勉強しないでも卒業できてしまう。 

 本当の意味での学力格差は、本人のやる気と努力で、参考書を買いさえすれば、いくらでも克服できる。

 あんな数値の出し方ではなく、その家庭の両親が日常的に読書をしているのか。学習しているのか。どんな本を、どんなことを学んでいるのか、のデータまでとらなければ意味がないだろう。

 自分の高校二年生の娘のことで恐縮だが、塾に通わせる経済力がないので、中学三年生の一時、塾に通わせただけで、それ意外は独力で勉強してきてもらってきた。その理由も、受験の情報が入ってこないからだった。それでも、勉強好きな娘は、有名な進学校にすすみ、周りの高校生が塾に通っているのに、いまも独力で勉強している。
 欲しい本はアマゾンやヤフオクで購入している。見ていて、涙が出るほど、けなげだ。
 大学へ進み、数学の美しさをきわめてみたい、などといわれると、つらくてならない。
 
 親がともに好奇心旺盛で、関心のあることは図書館で本を借りてきて調べたりしている。暇さえあれば、本を読んでいる両親を見ているので、本を読むのが子供の頃より当たり前になっている。
 そんな親をもっているので、読書や学ぶことは当然だと思ってくれているのだろう。
 
 低所得者の子が、低学力なんて、ウソッぱちだ。
 高所得者の子が高学力なのは、塾や家庭教師をつけているからだ。そして、その子の学力にあった大学に入り、高い大学の学費を払う。同じ学力があっても、低所得者の子はその大学をあきらめる。
 ただ、それだけ。それを延々と繰り返してきただけだ。

 10年、50年単位で長いスパーンで考えれば、日本は、なんと巨大な損失を出しているのだろうか。
 たとえば、最高学府を卒業した低所得者の子と、高所得者の子がいたとすれば、ハングリー精神から言っても、どちらが有益な人材かは一目瞭然ではないか。
 国難とも言われる危機を乗り切れる知恵ある方法を思いつくのは、どちらの子なのだろうか。
 昭和の一時、一億総中流時代の一時、低所得者の子も、大学へ進めた。その人たちが、いまの社会の中枢にいて、「自分たちの時代はこうだった。いまの子はそれと比べると……」とのたまわっているが、いまの子たちの方がずっとシビアな時代になっている。
 一億総中流時代は終わり、砂時計時代になった。中流の砂はみな下へ落ち、上流もきっかけがあれば下へ落ちていく。
 その中の学ぶ意志のある子に、どうか、チャンスをあたえてもらいたい。その子たちが、いずれは日本を救うことになるはずだ。

 だが、日本は、そういう子たちを長期にわたり見捨てつづけてきて、これからも見捨てていくのだろう。

 


人気ブログランキングへ


 
[PR]

by spanky2011th | 2012-01-07 01:52 | 世相 妄想随談