カテゴリ:童話 友人あのやあきら氏作( 2 )

童話 メトロぎつね

メトロぎつね       あのや あきら
       1
「………二十七、二十八、二十九?」
 地下鉄の階段を数えながら降りていたぼくは、あれっ? と立ち止まりました。二十八段のはずなのに、二十九段あったのです。記憶ちがいのわけはありません。勤め先の写真現像所の行き帰りに、何百回、いや、何千回と数えているのですから。
 階段をかけ上って、もう一度一から数え直したくなりましたが、
「まもなく、最終電車がまいります」
という放送が聞こえてきたので、
「ばかばかしい」
とつぶやくと、背広の内ポケットから定期券をとりだし、改札口を通り抜けました。
 そして、最後の車両の最後部に座るため、プラットホームのはじに立つと、構内を見回しました。
 どこというわけではないのですが、どこかがちがっているように思えたのです。
「それに、人も少ないようだな」
 最終電車を待つ人が、七、八人いるだけでした。いつもは、その倍はいるというのに。
 一人、茶色い毛皮のコートを着た、スタイルのいい女性が混じっていました。
「……?」
 都会には季節がないといいますが、街路樹の葉の色、ビルの谷間からのぞく雲の形……、地上にはまだ季節があります。本当に季節がないのは、地下の世界です。あるのは、乗客の服装が、夏服から冬服へ、冬服から夏服へと変わる、その繰り返しだけです。
 いまは十月。コートには早すぎます。
 都会で変な格好の人と出会っても、じろじろ見てはいけません。相手に失礼であるだけでなく、自分がいなか者である証拠にもなるからです。
 といっても、好奇心を押し殺すことなどできません。さりげなく、後ろ姿を見せているその女性を、観察することにしました。
 肩のところまである髪は、すこし茶色がかった黒でした。そして、コートから伸びた二本の足は、長くて、ほっそりとしていました。 ぼくの頭に、この前現像したファッションモデルの写真が浮かんできました。暗室の現像液の中から、そのきれいな人が浮かび上がってきたとき、見とれてしまったくらいです。
「仕事で、着替える時間がなく、そのまま帰ることにしたんだな」 そう考えると、この時期にコートを着ていても、それほど不思議でない気がしました。
 ファッションモデルか、確かめたい気持ちがちらりと心の中で動きました。が、まさか、顔をのぞきにいくわけにはいきません。
 ゴーッという音が、トンネルの奥から響いてきました。ぼくは、腕時計を見ました。
「午前零時七分」
 いつもと同じ時刻を、時計は告げています。
 けたたましい金属音を響かせて、こちらへ走ってくる地下鉄の二つのライトが、トンネルの奥に見えてきました。
 ぼくは、ふっと動物の目を連想しました。
 もちろん、トンネルから出てきたのは動物ではなく、アルミニウム色の電車でした。
 電車に乗り込むとき、ぼくは、となりの車両に乗り込もうとしていた例の女性に、ちろりと目を投げかけました。そして、
「あっ!」
 その横顔に、思わず声を立てました。
 ぼくのよく知っている娘でした。
 現像所の窓口で働いている娘で、年が明けたら、ぼくたちは、ひっそりと結婚式をあげる約束になっているのです。


More
[PR]

by spanky2011th | 2011-07-17 20:00 | 童話 友人あのやあきら氏作

ペンギンたちのお日さま

ペンギンたちのお日さま                                                        あのや あきら
           1
 南きょく大りくには、たくさんのしゅるいのペンギンたちがすんでいます。冬にはマイナス30度にも、40度にもなるので、ほとんどのペンギンは、春にたまごを生みます。
 でも、そのいちばんさむい冬に、たまごを生み、あたためてヒナにかえすペンギンが一しゅるいだけいます。皇帝ペンギンです。
 おなかすかしのピモは、その皇帝ペンギンのおとこの子です。
 いまは春。といっても、まわりはこおりばかりで、すごいさむさです。
「パパ。ママ。おなかがすいたよ」
 大ごえでさけんでも、だれもきません。
「もうすこしのしんぼうよ」
 となりにいたピユがいいました。ピユはおんなの子です。
 皇帝ペンギンの子どもたちは、ほいくえんにあつまって、おやが海からエサをはこんでくるのを、まちつづけていました。
 海は、ピモたちのほいくえんから、なん百キロもはなれれています。
「いいなあ」
 おやからエサをもらっているおともだちを見て、ピモがそうつぶやくと、ピユが、
「はしたないことをいってはいけません」
と、しかりました。
 なん日かがたったとき、ピモのおかあさんが、エサをはこんできました。
 口うつしでエサをたっぷりもらったピモは、
「ねえ、ママ。ピユにもあげてよ」
と、たのみましたが、
「それはできません。きまりなのです」
というと、おかあさんはまた、エサをとりに、海にむかって、トコトコと歩きだしました。
「ピユ。だいじょうぶかい?」
 しんぱいになって、ピモがきくと、
「だいじょうぶ」
と、ピユはこたえました。
 ピユは、つよいおんなの子でした。


More
[PR]

by spanky2011th | 2011-07-06 14:12 | 童話 友人あのやあきら氏作