タグ:創作童話 ( 25 ) タグの人気記事

「へんなペット」  

「へんなペット」  

   
「これなんか、どう?」
 小学生六年生の俊介がグリーンイグアナを指さして、友達の光一にそういうと、光一は首をふった。
「ありきたりだよ。もっと珍しい生き物、ペットにしたいんだ」
 二人がいるのは、毒グモ、ワニ、コウモリ、陸ガメ……と珍しい生き物ばかりを扱っている店。お年玉でもらった一万円でペットを買いたいと光一がいうので、おもしろそうだと思った俊介はつき合うことにしたのだ。
「じゃあ、こっちへ来なさい」
 いつ来たのか、不機嫌そうにレジのところにいた店主がそばに立っていて、声をかけてきた。
 二人が連れていかれたのは、レジの奥にある小さな部屋で、十いくつものガラスケースや鉄のおりが置いてあった。ほとんどが、からっぽだった。
「予算はいくらかな」
「一万円です」
「そうか。だったら、こぶだな。きのう入荷したばかりの、活きのいいのがあるよ」
「子豚?」
「ちがう。コブ。あのコブとりじいさんのコブだ」
「うそ!」
「うそじゃない。あのコブは、パラサイト、つまり寄生するコブなのだ。そうでなかったら、とったり、くっつけたりできるわけがないだろ。そのコブは野生のコブを新種改良したもので、人体には影響はないのだ。」
 店主が、二人をコブのところへ案内した。
「コブだ」
 四角い囲いの中に、子豚がいた。
「子豚じゃないの」
 俊介は、からかわれているような気がした。
「ブタについているのがコブだ」
 たしかにブタのからだには、一センチほどのピンク色のコブがいくつもついていた。
 でもそれはコブというよりイボだった。イボイノシシというのがいるのだから、イボブタがいてもいいのではないか。やはり、からかわれている気がした。
「信じてないな。よし」
 店主は手をおりにつっこんで、ブタの首すじについていたイボをつまみとった。そして、光一のあごの下に、くっつけたのだ。
 光一はおどろきの表情をし、それから、うれしそうにほほえむと、
「これ。すごいや。買う、買う」
と、お金を出した。
 あんな奇妙なものを買う光一の気持ちが、俊介にはわからなかった。

 忘れたころに天災はやってくるというが、それから数年後、高校一年生になったばかりの光一に、とんでもない災難が降り注いだ。
 はじめは風邪だった。ところが、それをこじらせて肺炎になり、ギックリ腰になり、ころんで足を骨折し……、と病気とケガのオールスターそろい踏みになってしまったのだ。このままだと、留年は確実。
 「留年だけはしたくない」
 と先生に粘りに粘って頼み込んで、
「学年末テストで赤点を取らなければ、進級させてやる」
 との先生の約束を取り付けた。出席日数の足りないのはなんとかする、と。
 それから光一は死に物ぐるいで勉強した。ほとんどの教科の日数が足りなく、その上、まったくのお手あげ状態だったので、赤点の30点をクリアするのも容易ではなさそうだ。
 そして試験当日。登校途中の道でばったりと光一と出会った。
「やあ。どうした。さえない顔して」
 中学の卒業以来だった。わけを光一に話すと、
「そうか」
とつぶやいてから、少し考え込んで、
「しかたない。コブ、貸してやろうか」
といった。
「コブ?」
 俊介は、光一のあごの下にくっついているコブに目をやって、小学生の時の記憶をよみがえってきた。そこにあるのが当たり前になっていたので、二人で買ったことも忘れていた。
「友達だから、特別にだぞ。他の人にはいうなよ」
 そういうと、光一はあごの下のコブを取ると、俊介のあごの下にくっつけた。
「みっともないよ」
 俊介が文句を言うと、光一は口を動かさずに、
「そんなこというと、コブが気を悪くする。とにかく、がんばれよ。」
と、言ってきた。
 あれっ、と思った。
「そういうことだよ。コブをつけていると、相手の考えていることがわかるんだ。」
 口を動かさずに光一がそう答えると、いま来た道を引き返そうとする。
「学校へ行かないのか」
というと、
「コブのない姿で、学校いけるわけないだろう。きょうは、休み、休み」
 コブを通して、返事が返ってきた。
 教室には半分以上の生徒が来ていた。でも、俊介ほど追い込まれていないので、みんな、意外とあっけらかんとしている。
「おい。どうした。今度はムチウチか」
  首に巻かれた包帯を見ると、何人かが、からかいにきた。
 俊介はコンビニで包帯を買って、コブをかくして登校したのだ。
「ばかだなあ」
と、口に出すものもいる。
 コブを通して聞こえてくる声も、似たり寄ったり。
 でもひとつだけ、
「俊介君、かわいそう」
という同情の声が聞こえた。女の子の声だった。
 俊介は、その声の主を探そうと目で探したが、見つからなかった。
 いまでは、俊介の包帯姿にはみんながみんな見慣れているので、だれもなんとも思わない。
 テストは、意外によくできた。というよりも、耳を澄ましていると、秀才とかガリ勉とかよばれている生徒の声が聞こえてくるのだ。 一日目のテストが終り、ホームルームのとき、また、
「俊介君、できたかなあ」
という声が聞こえてきた。
 コブをつけているというのは、意外と大変なもので、なにが大変かというと、やたらうるさいのだ。
 でも、半日もつけているうちに、コツを覚えてきた。
 俊介は、
「できたよ」
と、声に出さずに答えると、女の子が、
「えっ!」
とおどろきの声を出した。
「おい。早川、どうした」
 教壇で話していた先生が、早川という女の子をしかった。
 顔に紫のアザのある目立たない、口数の少ない子だった。長い髪で、いつもうつむいて、本ばかり読んでいて、顔をまともに見たことがない。
「早川さん。おどろかして、ごめんね」
「ううん。俊介君、聞こえるの?」
「ああ。聞こえる。君、もしかしたら、コブ、飼っているの?」
「コブ?」
「そう。コブ」
「なに、それ?」
「コブとりじいさんのコブだよ」
「ううん」
「じゃあ、超能力者?」
「ううん」
「じゃあ、なんなの?」
「いわないでね。ちょっと、こっち見てくれる。あたしの飼っているのはね……」
 俊介は、さりげなく振り返ると、声の主の早川を見た。
 両手でほほづえをついていた早川は、さっと左手をほほからはなすと、
「あたしのペットはアザ」
という声とともに、アザのない素顔がでてきた。そして、すばやく手をもとに戻した。
 あっ、かわいいと俊介は思った。
 見る見るうちに、ほほづえをついた早川の顔が赤くなっていった。
                                                                   (おわり)

[PR]

by spanky2011th | 2011-08-02 11:30 | 童話 私の短編

悪魔の代理人

悪魔の代理人



   ジャコバン僧会も、この世にはじめて現れたときには 
   一見純な姿で登場した、この大団体は
   はじめはちょうど深い水が流れを作らず、
   ぐるぐる円を描いてまわっているようだった。
   はじめのうちはほんのすこししか望まず、
   すこしばかりの敷わらとか茎束とかわら束とか。
   神の御名において足で歩く貧乏人たちに説教した。
   だが足で歩くものたちに働かせるだけだった、
   こうして大金もうけて、僧侶も俗人もいっぱいかかえた、
   地を這う建物を壮大な宮殿に作りかえた。
           (ジャコバン僧会の物語)

 巨大な組織は、まるで生き物のようにふるまう。
 イエスという一人の宗教家の起こした波は、民衆の心に、神への信仰心をかきたてたが、やがて教会ができると、その教会は「穀物が凶作なのは信仰心が薄いからだ」とおどし、また「黒死病がはやったのは教会を裏切ろうとする者がいるからだ」とおどし、民衆の不幸を利用して、教会への布施を集めることに専念した。
 やがてその権力の甘い蜜に酔いしれた者たちは、イエスの心とは裏腹に、聖職者とは名ばかりで、腐敗し、権力争いにあけくれ、民衆を弾圧し、「魔女狩り」の名のもとで多くの民衆を殺しだした。
 一五五五年。ジョバンニ・ピエトロ・カラファという男が教皇の座につき、パウルス四世と名乗った。彼は、七十九才の老人であったが、年のわりには元気がよく、闊歩しては精力的に働いた。
「ルターの真似する奴はことごとく異端であり、破門すべきだ」
 彼が新教皇になる十年前には、あの宗教改革のマルチン・ルターは死んでいたが、彼が火をつけた宗教改革の炎はあちこちでくすぶり続けていた。
 三大発明の一つとされる印刷によって、ルターの本は広く読まれていたのだ。そして、ジョバンニはなんとか、その火を消そうと躍起になっていたのだ。
 トマス・アクティナを尊敬する彼は、骨の髄までガチガチのカトリックで、彼の考えるキリスト教から逸脱するものには、遠慮なく異端のレッテルを張り付けた。
「もし、あの男の母親が、将来こんな男になると思っていたら、生んだときにきっと奴の首をしめていたにちがいない」
 彼のお膝元のローマっ子たちがそういいあっているのを耳にしても、彼は動じなかった。
 かえって、
「やつらになにがわかる」
とパウルス四世はうそぶき、宗教的信念から、異端を排除し、自らの考えに従わせようとした。

 彼は狂信的で独善的であった。彼は、自分の考えのみが正しく、他人の意見に耳を傾けることができなかった。もし、そんな人物が現れようものなら、たちまちベスビオ火山のように突然噴火し、嗄れた声で口汚なくののしり、吠えまくり、そして、盲目的に服従を約束するまで許さなかった。
「神よ。あわれな子羊たちをお救いください。神の代わりに悪魔とその手下たちと私は戦っているのに、だれ一人、心から私の言葉に従おうとしません。かえって、あなたの教えに逆らい、あなたに弓を引こうとしています」
 彼は毎晩、ひとり、教皇室で祈りを捧げた。彼の信仰心はだれにも負けなかった。
 すると、どこからともなく、
「神に逆らうものは悪魔であり、その手下の魔女です。まだまだ、お前の努力は足りない。早く、やつらを取り除きなさい」
という声が聞こえてくる。彼の心の中からも知れなかった。
 彼は歴代教皇の中でも、珍しいほど信仰心が厚く、子どもの頃より、毎日毎日、熱心に祈りを捧げていた。
 その祈りが通じたのか、いつしか、神の声が聞えるようになっていたのだ。
 彼は神のために、老体に鞭を打ち、働きに働いた。
 リューマチで歩けないときでも、教皇庁の木曜会議には欠かさず出席し、そして、異端対策を練るのに余念がなかった。
 プロテスタントは当然として、彼は、民間に伝わる呪術(たとえそれが豊穣や病気克服を祈る素朴なものであっても)を行う者、さらには私通を犯した者、男色、役者、道化、四旬節に肉を食べた者、すべてを死刑にするように命令した。
 また、当然のように、イエスの裏切り者の末裔・ユダヤ人には、迫害を加えるように指示していた。
 やりすぎではないか、という声が枢磯卿の中から上がると、彼はどなり散らしたあとに、
「もし、いまここにイエスさまがいらっしゃったら、私と同じことをするはずだ」
 こう、確信に満ちた声で断言した。



人気ブログランキングへ

More
[PR]

by spanky2011th | 2011-07-30 21:44 | 童話 私の短編

優等生なんかになりたくない

 優等生なんかになりたくない   

 ある日のこと。空飛ぶ円盤が宇宙のかなたから飛んできて、世界のあちこちにおりたった。それを見ていた者はどこにもいなかった。
         1
「それでは、学級委員には井上雅之くんと望月深雪さんにやってもらうことにします」
 司会がそうつげると、めずらしいことに教室に拍手がおきた。拍手は、望月深雪にむけられたものだ。
 ちょっと引っかかるものを感じながら、真亜子も、みんなといっしょに拍手をした。
 深雪が学級委員になるなんて、数か月前では考えられないことだった。地味で、おとなしくて、成績は下から数えた方が早いくらいの子だったのだ。ところが、ある日から、テストではいつも百点をとるようになり、授業中もすすんで手を上げるようになったのだ。
 深雪が、とつぜん、どこから見ても優等生になってしまったのだ。
 真亜子は、他人のことをねたんだり、そねんだりする性格ではない。だから、深雪が変わったことを、自分のことのようにうれしいと思う。
 でも、ただひとつ、気になることがあった。それは、深雪がいつもつまらなそうな顔をしていることだった。
 真亜子は拍手をしながら、チラリと、それまで学級委員だった辻由美子を見た。
 人を小バカにするクセのある由美子は、信じられないといった顔つきをして、下くちびるをかんでいた。

 深雪が学級委員になると、クラスのふんいきが変わっていった。どう変わっていったのかというと、いい方へ変わっていったのだ。
 はじめに、由美子が変わった。あの日から深雪を「フン」と無視しつづけていたのに、数日後、とつぜん、深雪と仲良しになり、その上、人を小バカにするクセがなくなった。 
 どうも優等生は伝染するらしい。
 優等生が2人あらわれると、あっという間に、宿題をわすれる子もいなくなり、友達にいじ悪する子もいなくなり、休み時間には、つぎの授業のじゅんびをして静かに待っているようになったのだ。
 こんなふうに、クラス全体が優等生になっていく。それと同時に、みんながつまらなそうな顔になっていく。
 真亜子には、なにがどうなってしまったのか、ちっともわからなかった。


More
[PR]

by spanky2011th | 2011-07-18 21:27 | 童話 私の短編

童話 メトロぎつね

メトロぎつね       あのや あきら
       1
「………二十七、二十八、二十九?」
 地下鉄の階段を数えながら降りていたぼくは、あれっ? と立ち止まりました。二十八段のはずなのに、二十九段あったのです。記憶ちがいのわけはありません。勤め先の写真現像所の行き帰りに、何百回、いや、何千回と数えているのですから。
 階段をかけ上って、もう一度一から数え直したくなりましたが、
「まもなく、最終電車がまいります」
という放送が聞こえてきたので、
「ばかばかしい」
とつぶやくと、背広の内ポケットから定期券をとりだし、改札口を通り抜けました。
 そして、最後の車両の最後部に座るため、プラットホームのはじに立つと、構内を見回しました。
 どこというわけではないのですが、どこかがちがっているように思えたのです。
「それに、人も少ないようだな」
 最終電車を待つ人が、七、八人いるだけでした。いつもは、その倍はいるというのに。
 一人、茶色い毛皮のコートを着た、スタイルのいい女性が混じっていました。
「……?」
 都会には季節がないといいますが、街路樹の葉の色、ビルの谷間からのぞく雲の形……、地上にはまだ季節があります。本当に季節がないのは、地下の世界です。あるのは、乗客の服装が、夏服から冬服へ、冬服から夏服へと変わる、その繰り返しだけです。
 いまは十月。コートには早すぎます。
 都会で変な格好の人と出会っても、じろじろ見てはいけません。相手に失礼であるだけでなく、自分がいなか者である証拠にもなるからです。
 といっても、好奇心を押し殺すことなどできません。さりげなく、後ろ姿を見せているその女性を、観察することにしました。
 肩のところまである髪は、すこし茶色がかった黒でした。そして、コートから伸びた二本の足は、長くて、ほっそりとしていました。 ぼくの頭に、この前現像したファッションモデルの写真が浮かんできました。暗室の現像液の中から、そのきれいな人が浮かび上がってきたとき、見とれてしまったくらいです。
「仕事で、着替える時間がなく、そのまま帰ることにしたんだな」 そう考えると、この時期にコートを着ていても、それほど不思議でない気がしました。
 ファッションモデルか、確かめたい気持ちがちらりと心の中で動きました。が、まさか、顔をのぞきにいくわけにはいきません。
 ゴーッという音が、トンネルの奥から響いてきました。ぼくは、腕時計を見ました。
「午前零時七分」
 いつもと同じ時刻を、時計は告げています。
 けたたましい金属音を響かせて、こちらへ走ってくる地下鉄の二つのライトが、トンネルの奥に見えてきました。
 ぼくは、ふっと動物の目を連想しました。
 もちろん、トンネルから出てきたのは動物ではなく、アルミニウム色の電車でした。
 電車に乗り込むとき、ぼくは、となりの車両に乗り込もうとしていた例の女性に、ちろりと目を投げかけました。そして、
「あっ!」
 その横顔に、思わず声を立てました。
 ぼくのよく知っている娘でした。
 現像所の窓口で働いている娘で、年が明けたら、ぼくたちは、ひっそりと結婚式をあげる約束になっているのです。


More
[PR]

by spanky2011th | 2011-07-17 20:00 | 童話 友人あのやあきら氏作

「いじめ対策」

 ぼくらの教室に転校生がやってきた。
「転校生だからといって、バカにしたら、しょうちしないぞ!」
 みせんにしわを寄せ、教室をなめるようににらみ、すごんでしゃべる彼。ぼくらは、口にこそださないが、いやだなあ、と思った。
 彼は、やはり、いじめっ子だった。
 ぼくらは、自分たちでいうのもなんだけど、いじめもしなければ、いじめられもしない、ふつうの子が集まった教室だった。
 いじめっ子のなにげない言葉、なにげない行動が、ぼくらの心を、トゲでチクリ、チクリと、つっつき、イライラさせた。
 最初のぎせい者は、まじめな山田だった。
 班長だった山田が、そうじのとき、さぼっている彼を、オドオドと注意したのだ。
「なに、おれに、そうじをしろだっと!」
 いきなり、天井の「いじめ探知機」がジリジリと鳴りだした。その音をききつけて、教師たちがすっとんできて、あっという間に、山田をつれ去ってしまった。
 一昔前、「いじめ」が社会問題になったとき、政府がその対策に作ったのがこの「いじめ探知機」。とびかう声の中に「いじめ被害」の信号が含まれていると、作動するしかけになっている。
 三日後、山田は「いじめに負けない子」になって、教室へもどってきた。うわさでは、特別な薬をのまされて、特別な授業を受けさせられるのだそうだ。
 二人めのぎせい者は、小宮さんだった。副学級委員長の彼女は、勉強がおくれている彼に、親切に教えていたのだが、つい、
「いままで、なにを勉強してきたの!?」
といってしまったのだ。そしたら、彼は、
「なんだと!」
と、小宮さんをひっぱたいた。
 彼女は、あっという間に、教師につれさられてしまった。生まれてはじめて他人にたたかれた彼女はショックで泣きじゃくっていた。
 その日の放課後、ぼくらは、赤さびだらけの校庭のジャングルジムにのぼって、これからのことを相談しあった。ここしか、「いじめ探知機」のないところはないからだ。
 これ以上、ぎせい者をださないために、ぼくらは、彼をジャングルジムに呼び出し、
「たのむから、どこかへ、転校してくれないかな」
と、たのんだ。いのるような気持ちだった。
「転校生だから、おれを仲間はずれにしようというんだな。わかったよ。いなくなってやるよ」
 ぼくらは、仲間はずれにしようというのではない。これ以上、ぎせい者をだしたくなかっただけだった。なのに……。
 彼は、その足で校舎の屋上にゆき、飛び下りてしまった。そして数時間後、ぼくらは、警察官によって、つかまってしまった。


More
[PR]

by spanky2011th | 2011-07-05 17:50 | 童話 私の短編