タグ:砂時計社会 ( 1 ) タグの人気記事

砂時計の砂のように

 民主党がいよいよ消費税アップに着手する。日本の財政が破綻寸前なのは、みんな、知っている。ギリシャに日本はなりかけている。そして、それを阻止しないととんでもないことになる。だから、消費税を上げなくては行けないというのだろうが、ちょっと待て!
ギリシャの場合もそうだけど、公務員の問題に手を付けないで、消費税アップはないだろう。私は、公務員を敵視するつもりはないが、既得権として、様々な旨味は絶対に手放したくないという人間の欲望にこそ、メスを入れなくてはいけないと思っている。
 共産主義、社会主義の革命は、失敗に終わってしまったけど、当初の志はすばらしいものだったと思っている。平等で、みんなが平和に豊かに暮らせる世界を目指した。その失敗の原因は、テクノクラートと呼ばれる公務員の腐敗にあった。
 社会に巣食うガンみたいに、栄養分を吸い付くし、本体を死なせてしまう組織にいつしか変貌してしまったのだ。勘違いしないで欲しいのだが、行政組織はちゃんと機能させなくてはならない。
 たとえば、定期的に行われる自動車免許の更新。ここに寄生して、労働に見合う以上の栄養を取っているガン細胞みたいな組織はないのか。
 たとえば、スーパーコンピューター「京」開発に投じられる予算のうちから、何割かをさらっていく組織はないのか。
 そういうものに、きっちりとけじめを付けてからの「消費税」議論なら、筋も通るが、そうではない。低所得者への定額給付と、すこし甘いアメをちらつかせれば、国民は納得するはずだ、というその姿勢自体が国民をバカにしている。
 税金の高い国というのは、国民が政治を監視し、行政組織もその監視を受けて、透明度を高くして、国民の信頼を勝ち取っている。
 今のまま、消費税アップしても、最終的に国民のサービスに回される分は、たいしたことがないだろう。パイが大きくなればなるほど、公務員にかすりとられ、公務員の福祉と老後の蓄えに回せるパイも大きくなるだけだ。
 また、それに付随する業者がかすめ取るパイが大きくなるだけ。
 格差社会。もしくは、砂時計社会。中流だった人々が、砂時計の砂のように、貧困層へどんどん落ち込んでいるなかで、公務員だけは、上にとどまろうとしている。まるで、崩壊寸前のときのソ連のようだ。

[PR]

by spanky2011th | 2011-12-31 00:41 | 世相 妄想随談