タグ:音楽 ( 6 ) タグの人気記事

坂本龍一と桑田圭介

 エレクトリック・マイルスと呼ばれる時代のマイルス・デイビスの作品群の中で、いちばん好きなアルバムはと聞かれたら、迷わず、「パンゲア」「アダルタ」のライブ盤をあげる。ほかもすべて捨てがたいが、聞き込み度からいっても、この二つは、ダントツで聞いていた。
 まるで太古の巨大生物が洞窟の中で生息していて……といった空想が、どこまでも広がっていったものだ。
 いまも、折があると、聞いている。
 私は、そのライブを聴いて、音楽にはスペースというべきものがあり、広がりとか、色とか、さまざまな要素があると言うことを学んだ気がする。
 ギター1本がすべての空間を占めてしまったり、パーカッションの一音が様々な色を持っている。そんなことを学んだような気がする。それを楽しむことを教えてもらった気がする。
 惜しむらくは、自分に絶対音感があって、和音なども聞き取れる音感があれば、もっと深いところまで堪能できるのだろうと思うのだが。

 以前、NHKの番組で、天下の坂本龍一に、爆笑問題ののっぽの方が「サザンオールスターズ」の曲がサイコーだとやたらとしつこく主張していた。そう、サザンの桑田圭介は独自でオンリー・ワンだが、音楽の一部でしかない。
 桑田圭介をけなしているわけではない。
 ただ爆笑問題ののっぽのバカが、新橋の居酒屋にいる酔っぱらいみたいに、自分の意見に固執している姿を見ていて、こういうやつって、多いよな、と思うから書くのだが、日本人の多くは、「メロディーのついた歌詞」のみを音楽と思っているように思う。
 それは、音楽の一部であって、それがすべてではない。もっと、もっと、音楽の世界は裾野が広くて、いろいろな楽しみ方があるのだ。
 たとえば、ラベルの「ボレロ」。たとえば、ドビュシー。たとえば、ストラビンスキー。口ずさみにくいが、すばらしい音楽があるのだ。「ボレロ」などは、スペースと色を楽しむことができない奴には、まさに、ただ延々とつづく同じメロディーにしかすぎないだろう。
 たしか、大昔に読んだ「日本人の脳」という本だったと思うが、虫や鳥の鳴き声を、日本人は言語脳の方で処理していて、西洋人は音楽脳の方で処理しているとあった。「え」「い」「う」というような母音に意味がある日本語。ところが、西洋では「え」「い」「え」だけでは意味をなさず、子音プラス母音の列で、はじめて言語となっている。
 虫の鳴き声(母音)は、西洋人には単なる雑音として処理されてしまう。しかし、日本人には、言語として、情感を感じるというのだ。
 たぶん、そのせいで、日本人の「メロディーのついた歌詞」のみを音楽だと思い込んでいるやつが多いのだろう。

 坂本龍一は、日本では数少ない、スペースとか、色を持った音楽の作れる音楽家。デビューアルバムの「千のナイフ」のときからそうだったのに、その大作曲家に、あのバカののっぽは、「メロディーのついた歌詞」の大家がサイコーとしつこく食いさがったのだ。
 結局、坂本龍一は、苦笑いするだけ。あたりまえだと思う。
 坂本龍一はたぶん、桑田圭介のことを「メロディーのついた歌詞」の大家としてリスペクトしているけど、自分はちがう道を歩んでいることを知っているのだから。
 言語脳+音楽脳で楽しむ音楽もあっていい。
それと同時に、音楽脳だけで楽しむ音楽もあるべきではないだろうか。また、これがあって初めて、本当の音楽の豊かさを享受できるのではないだろうか。
 
ということで、今日は、坂本龍一。


Ryuichi Sakamoto-Energy Flow




 ryuichi sakamoto - rain(live)



[PR]

by spanky2011th | 2012-01-30 21:08 | 世相 妄想随談(音楽付き)

お役人根性の気象庁に、吹けよ風、呼べよ嵐

 「加工されない、生の情報が欲しい」(6月26日投稿)でも書いたことだが、気象庁の保身主義には呆れてしまう。なにか災害がありそうなとき、的確な予報を出すことが使命のはずであり、気象庁の存在理由であるはずだ。
 予報は予報で100パーセントはありえない。
 外れたときに、その責任を問われるのではないか。外れたときに誰が責任を取るのか。それを畏れるあまりに、やたらと注意報や警報をだしまくる。
 機器も学問も日進月歩で進化しているのに、気象庁はそれを有効に使いこなしていないというのが実態ではないだろうか。問題は、機器などではなく、「お役人根性」という人間の部分にあるのだ。
 予報範囲を拡大し、曖昧にして伝達する。それが日常的に反復されているので、つい周囲は「また、いつものように何も起きやしないさ」と思ってしまう。
 かなり以前だが、河川敷きでキャンプをしていた人たちが鉄砲水で流されるという事故が起きた。そのときに、やたらと警報や注意報を出しまくるのはいかがなものか、と議論されたことがある。
 それは気象庁の話ではないが、お役人根性は同じである。とにかく、自分たちの責任が問われることをまず回避する。国民よりも、まず自分たちの立場や地位が脅かされることを回避し、それから、自分たちに出来る範囲のことをしてお茶を濁しているのではないか、と思える節がある。

 ブログ「大沼安史の個人新聞」は、フクシマの原発事故について、世界中のマスコミがどのように取り上げているか、を詳細に伝えてくれている。
 そこで知ったことだが、

「政府は直ちに気象庁に風向き予想を求め、それをNHKが発表し、それを東大教授が解説しなければならない。
ところが、気象庁は福島原発付近の風向きを出さなかった。
 奇妙なことにNHKは事故から2週間ぐらいたって、「地震で 風向風速計が壊れていたが、昨日から使えるようになった」として風向きの報道を始めたが、実は気象庁は風向きの予想をIAEA(国際原子力機関)には報告 をしていたのだ!!!(武田邦彦 中部大学)」


というのだ。

 私は、震災から数週間、ケーブルテレビで海外のニュース番組を見て福島の風向きを知り、東京の方は大丈夫だな、海の方に風が吹いているから大丈夫だな、と判断していた。
 あまりにも国民をバカにしていないだろうか。まるで、日本の国民は真実を告げたらすぐにでもパニックに陥ると、彼らは信じきっているのではないか、と思うくらいだ。だが、実は、彼らは、国民がパニックになるのを心配しているのではなく、ここでも顔を出すのは「責任を回避して、自分たちの保身をはかる」というお役人根性である。
 このお役人根性が、被爆しないですんだ人たちを被曝させたのではないか。もしそうだとしたら、これはりっぱな犯罪ではないか。
 「ただちに影響の出るレベルではありません」の本当の意味がようやく、私にはわかってきた気がする。被爆した人に影響が出るのは、五年後、十年後。それも、確率論的に何パーセントかだ。原発事故との因果関係も科学的に証明しなくてはならない。誰が見てもそうだと思えても、科学的に証明されなくては、そうだとは断定できないからだ。

 ただちに、自分たちの保身に影響の出るレベルではありません。が本当の意味だったのだ。

 とにかく回避しておけば、それの責任を問われたとき、責任の所在が曖昧となり、自分たちの身分はとりあえず安泰という図式が成り立つからだ。

 その「お役人根性」の見本のようなビデオがある。
 3月19日の政府現地対策本部と福島の市民団体の交渉ビデオ(英語字幕)がユーチューブを通じ、全世界で視聴者を増やしている。

 上記版だけでも「14万人以上」が視聴。この映像は、「フクシマ見殺しビデオ」として、日本政府の統治の正統性を揺るがすものになって行くに違いない。(大沼安史の個人新聞より)





 今日は、気分的にこの音楽が聴きたいので。
Pink Floyd - One Of These Days 
邦題は「吹けよ風、呼べよ嵐」






人気ブログランキングへ
[PR]

by spanky2011th | 2011-07-31 11:54 | 世相 妄想随談(音楽付き)

Blood, Sweat & Tears

いまの日本の政治に欠けているもの。それは、血と汗と涙。

他人の痛みなら、いくらでも耐えられる。

他人の苦悩なら、微笑みながら見ていられる。

心より祈っています……、と口では同情しながら。

いまの日本に欠けているもの。

それは、人間らしい血と、心地よい汗と、他人のために流す涙。


ということで、いまではほとんどの人が知らないだろうというバンド「Blood, Sweat & Tears」を紹介します。
当時シングル盤の値段で4曲収録のレコードが売られていた。1969年、中学生だった私は、それを自分のお小遣いで初めて買った。その中に入っていたのが、この曲。いま聞くと、カウボーイ風のボーカル、笑っちゃうけど、当時はお気に入りだった。だが、出だしのトランペットは、いま聞いてもカッコいい。


Blood Sweat & Tears - Spinning wheel



Blood, Sweat & Tears live 1970 Japan And When I Die



 ブラス・ロックともジャズ・ロックとも呼ばれ、出だしのトランペットのカッコよさでは、次の曲がサイコー!

Chase - Open Up Wide




で、唐突ですが、十数年前に私のお気に入りになったのが、クラシック(?)の大御所のこの曲だ。

ストラヴィンスキー/ロシア風スケルツォ



以前、NHKの番組で、爆笑問題の太田が坂本龍一に「サザン」の曲をやたらと


人気ブログランキングへ
[PR]

by spanky2011th | 2011-07-23 12:06 | 世相 妄想随談(音楽付き)

「ソフト・マシーン」を知っていますか?

70年代、イギリスに「ソフト・マシーン」というジャズ・ロック・バントがあった。カンタベリー派とも呼ばれ、ピンク・フロイドなどとも交流のあったバンドだ。
 音楽もいいが、私はそのバンド名が好きだ。科学文明信仰真っ盛りのあの頃、人間を「ソフトなマシーン」と呼んだ作家がいて、その「ソフト・マシーン」という言葉を気に入ったメンバーが自分たちのバンドの名としてつけたのだ。




 断言するが、人間は「ソフトなマシーン」なんかではない。有機的に、自立的に、共存的に生を営んでいる「独自」なもので、「マシーン」なんかではない。説明のしようがない「生命」という不思議なもので、なによりも価値のあるものだ。
 経済などが大規模化すると、どうしても組織も巨大化せざるを得ない。「メガ・マシーン」の誕生だ。効率化を考え、巨大組織は指揮系統を大切にし、指揮系統の中枢が考え、周辺はその指示に従うことを要求される。周辺はいつしか、いつでも切り捨てごめんの部品と見なされるようになる。
 この「メガ・マシーン」は一見、効率的で、よいことずくめのように思えるが、実は、悪いことずくめなのである。
 原発事故後、中曽根元総理大臣が「原発の安全性」云々と他人事のように論評しているのを聞いたとき、あいた口が塞がらなかった。日本に原発を導入するきっかけを作った当人の口から、そんな他人事の発言が出るとは思わなかったからだ。当時は、右も左も、核爆弾の開発に余念がなく、中曽根も「バスに乗り遅れるな』とばかりに、考えもなしに、原子力発電の推進を始めたのだろう。多分、核技術の進歩に乗り遅れるな、そんなレベルの発想だったのだろう。あのとき、もっと慎重で、思慮深かったら、よかったのに、と思う。
 まっとうな判断力があるなら、えらそうに論評する前に、国民に土下座して、まず謝罪しなくてはならないのはお前だろう、と私は思った。
 このような小さなスタートが、メガ・マシーンを作り出すのだ。組織は一度作ると、その組織の論理で生き残り、巨大化しようとする。東電もそうだ。メール問題でたたかれている九電もそうだ。「メガ・マシーン」とはそういうものだ。
 山県有朋がうらで影響力を及ぼせるようにして作ったといわれる官僚組織。はじめはたいしたことではなかったが、いまや、そのメガ・マシーンが、国民を弾圧し、抑圧しだしている。やらなくてならないことはただ一つ、巨大組織の「ソフト・マシーン」化である。
 福島の人がやっているブログ「象の墓場に象牙はなかった」を見ると、痛ましくてならない。自殺者が2割も増えているとか。
 感受性が麻痺してくると「なに、まだ、2割か」となるが、ここに、すでに「メガ・マシーン」の恐ろしさが隠されているのだ。
 だれの詩だったか記憶していないが、100人の人が死にましたというような言葉に対して、その詩人は拒否反応を示したのだ。そうではない、花子が死んだ、太郎が死んだ、というべきだ。数字でない、記号ではない。花子という尊い命がうばわれたのだ、と。
 物を盗んだら、謝罪し、それを返せばいい。誹謗中傷で人を傷つけたら、発言を撤回し、謝罪すればいい。しかし、人の命を奪ったときには、なにもできない。人の命に関わることは、どんな謝罪も、どんな罪の償いもきかないのだ。

 いま、まさに福島で、それが起きている。先日、二人の子どもの尿から、放射能が検出されたと報道されるが、その子の将来はどうなるのだろうか。東電は、どうするつもりだろうか。中曽根元総理は、その子どもに責任はないのだろうか。
 本当に、ふたりだけなのか。ご両親は心配で、たまらないのではないか。

 ここで、いつもの妄想をすることにする。

 メール問題に手を焼いた社長に、ある人物が悪魔の囁きをする。
「原発、停止を飲んじゃえよ。そして、テレビ局やマスコミに出しているCMをやめて、そのお金を原発反対運動している人々の運動資金として提供するのだ。もちろん、こっそりと、だれが資金提供しているか、わからないようにやるんだぞ。いいな。ただし、電力の独占はどんなことがあっても、手放してはならない。それと、電気料金の自由化が大切だ。」
 社長は、耳を疑った。しかし、やぶれかぶれになってやってみることにした。
 一年が経過したら、信じられないことに、会社始まって以来の、一番儲けることが出来た年になっていたのだ。それも、会社始まって以来の一番働かない年だというのに。
「お金がない人には電気を売らず、お金がある人にだけ売るという方式は、ほんと儲かるものですね」
「だから、いっただろう。だいじょうぶだって。」
「でも、電気がなくて、病院で死んでいる人がいるというニュースを耳にすると、心が痛みます。」
「ものは見方。電気を買える病院では、お金持ちの病人が殺到して、大繁盛だと言うじゃないか。大差ないよ。それよりも社長、いまじゃ、あなたはこの会社を救った救世主だと、社員から言われているそうじゃないですか。よかったですね。では、今月の活動資金をいただきたいと思います。」
 社長は、市民運動家に、分厚い封筒を手渡した。


 なお、この文章は、実在の人物・団体とは一切関係がありません。あくまでも、筆者の頭に浮かんだ妄想にすぎませんので、寛恕のほどを。
 ちょっと、今回の妄想は、やばいかな。

[PR]

by spanky2011th | 2011-07-10 15:04 | 世相 妄想随談(音楽付き)

エスノポップもいいものだ

 19世紀のヨーロッパ地方音楽が素晴らしいのはいうまでもない。でも、それを聖典までに格上げし、それを基準に音楽を判断する気持ちは私にはない。あくまでも、天才がたくさん排出された、19世紀の地方音楽でしかないのだ。
 自分の耳で聞いて、自分の心に響いた音楽を今回は紹介する。消費されるだけの音楽と、素人に毛が生えた程度の音楽(AKB**のことではありません)とが幅をきかす日本。もっと、もっと評価されていい人たちがいる。たとえ無名でも。
 今回は、エスノの香りがたっぷりの曲を三曲。「ガガ」のような人ともまた別のパワーをもっている人たちです。それを感じてくれたら、うれしく思います。


オフラ・ハザ(イスラエル)
 彼女が日本に来たときのライブは最高でした。ライブハウスの客はノリノリ。アンコールの連続で、客をステージにあげて、向こうの結婚式の踊りを教えてくれました。最後には、演奏する曲目がなくなり、既に演奏したヒット曲をいくつか演奏し、終わりました。お仕着せのアンコールではなく、これこそ、本当のアンコールだと思いました。また、ハザに会いたいぞ。





C-Cat Trance(イギリス)
 お茶の水に、レアなレコードを貸すレンタルショップがあり、ジャケットが気に入り、たまたま借りたのがこのバンド。アフガンあたりのバンドだと、はじめは思っていました。後で、HMVでCDを取り寄せてもらったことがあります。





マドレデウス(ポルトガル)
 ファド好きの人がいるけど、そこまではハマっていないが、この歌姫の声は、心に響いてくる。バックの人たちの演奏も好きだ。夜、寝るときに聞くと、悲しくなってくるので、それは止めた方がいいかも。




 今回は、ずいぶん、好きな音楽を紹介したので、このくらいにしておきます。
[PR]

by spanky2011th | 2011-07-09 22:08 | 世相 妄想随談(音楽付き)

この恨み、晴らさでおくものか

 以前、知り合いの作家が「文学者は恨みを晴らす権利がある。だから、嫌な思い出は決して忘れてはいけない」と、語っていた。名言だと思った。
 映画「デトロイト・メタル・シティー」で、松山ケンイチ扮する主役が「この恨み、晴らさでおくものか」と歌うが、歌も文学も、人間の心が生み出すものだから、まずは「心のなかで何かが動くこと」が大切だと思う。
 以前、世界の歌姫というので、サラ・ブ○○○マンのCDをツタヤで借りてきて聴いて、ビックリしたことがある。うまいのである。声がいいのである。でも、なぜか、つまらないと感じてしまったのである。「4分音符以上、みんな、正確なビブラート」と私は思ってしまったのだ。
 そして、なぜか、「お前は初音ミクか」と突っ込みを入れたくなった。
「どう、わたし、すごいでしょう。こんなに歌えるほど、練習したのよ。ねえ、すごいでしょう。すごいでしょう。でも、私の人生、つまらなかった。でも、私の人生、つまらなかった。こんなに歌えるほど、練習したのよ。」と、英語のまったく判らない私には、そんな歌詞に思えてしまったのだ。
 文学も、ある程度の技術は必要だろうけど、高技術=傑作にならないところが面白い。
 リルケの言葉「文学の底には祈りがある」(注=うろ覚え)や、「この恨み、晴らさでおくものか」の作品の方が、私には面白く感じられる。
 最近、superflyの「AH」という歌を聴いて、なぜか、涙ぐんでしまった。「あー」しかない歌で、悲しみの中から立ち上がろうとする人間のけなげさ・たくましさを感じてしまったのだ。言葉はないか、祈りを感じてしまったのだ。「アメーイジング・グレイス」に通じる傑作だと、私は信じている。
 それにつけても、サラ・ブ○○○マンのつまらなさよ。(サラ・ブ○○○マン・ファンのみなさん、ごめんなさい)

[PR]

by spanky2011th | 2011-07-01 19:42 | 文学論のようなもの